神聖な巫女の処女マ〇コを孕ませる為にたっぷり中出し!『湯の村は〜れむ 〜巨乳孕ませ温泉滞在記〜』

神聖な巫女の処女マ〇コを孕ませる為にたっぷり中出し!『湯の村は〜れむ 〜巨乳孕ませ温泉滞在記〜』
【あらすじ】
    子宝に恵まれる効能があると言われる温泉で「子作りを前提とした付き合い」がスタート!

    かつて子宝の湯として持てはやされていた温泉の効能を取り戻した主人公と従姉の『知実』。
    その事を村長に報告すると、村に残っている若い娘達、 女将をしている『志津』、神社の巫女『羽月』、農業を営む『優菜』を 孕ませて実証してくれぬかともちかけてくる。

    いきなりの話に面食らい、断ろうとする主人公だが、 村の事情や『知実』が置かれている状況などを考え合わせると断りづらい。 あくまで『志津』、『羽月』、『優菜』の気持ちが最優先だとした上で、 キヌヱの話を承諾するのだった。

「湯の村は〜れむ 〜巨乳孕ませ温泉滞在記〜」若女将に種付け

エロ画像・エロ動画 オススメ記事

同人 オススメ作品

  • 彼とわたしと店長の深夜勤務

    彼とわたしと店長の深夜勤務

  • オカズ娘 過去絵まとめCG集 エロパロ+リテイク 01

    オカズ娘 過去絵まとめCG集 エロパロ+リテイク 01

  • 姪っこのふくらみ 〜いつもの中出しごっこ〜

    姪っこのふくらみ 〜いつもの中出しごっこ〜

  • 千夏と熊ちゃん先生

    千夏と熊ちゃん先生

  • 湯の村は〜れむ 〜巨乳孕ませ温泉滞在記〜

    姉(従姉)である『犬養 知実(いぬかい ともみ)』の研究を手伝わされ、日々翻弄されている主人公『犬養 雅彦(いぬかい まさひこ)』。

    ある日、知実の研究室に顔出すと、そこには血相を変えて慌てふためいている知実の姿が。
    なんとか落ち着かせて話を聞いてみると、研究資金を得ている国の少子化対策事業団体から、後一年程度で何らかの研究成果が出せない場合は、資金提供の打ち切り、場合によってはこれまで提供した資金の返還を求めるという通知が来たという事だった。

    マイペース過ぎる知実の自業自得とは思いつつも、見捨てる事は出来ない主人公は、成果を出す当てはあるのかと知実に尋ね、出来る事は何でも手伝うからと励ます。

    すると知実は、散らかりまくっている机の上から、資料の束を引っぱり出す。
    それは、かつて子供が生まれず滅びかかった所を神から授けられた泉、温泉の力で救われたという伝説の残る村についての資料であった。

    確かに二十年ほど前までは、その村にある温泉は子宝の湯として持てはやされていたが、今ではすっかりその効能が失われてしまっているらしい。
    眉唾ものの話ではと疑う主人公に、過去には効能の確かさが認められていた資料が数多く残されており、不況などの影響で子宝の湯に頼る人が減ってしまった事もあって、誰も効能が失われた事について調査しなかったという点を指摘して、調べて見る価値はあると主張する知実。

    どちらかというと、起死回生の逆転ホームラン狙いなんだろうなと、知実の考えを読んだ主人公は、溜息をつきつつも、現地で調査を行う為の手配を始めるのだった。