[戦国†恋姫X] ムチムチBODYの熟女の名器オ〇ンコでオ〇ンポしごかれちゃう♪

[戦国†恋姫X] ムチムチBODYの熟女の名器オ〇ンコでオ〇ンポしごかれちゃう♪

「戦国†恋姫X」松永白百合 Hシーン

エロ画像・エロ動画 オススメ記事

同人 オススメ作品

  • 彼とわたしと店長の深夜勤務

    彼とわたしと店長の深夜勤務

  • 俺が人妻セックスにハマるまで。〜両隣に住む欲求不満な人妻たち〜

    俺が人妻セックスにハマるまで。〜両隣に住む欲求不満な人妻たち〜

  • ぷにろり湯・つう

    ぷにろり湯・つう

  • 公子

    公子

  • 戦国†恋姫X 〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 DLリンク

    ■ストーリー
    目を覚ませばそこは戦国乱世。
    そして、一人の少女――――。

    主人公・新田剣丞は、伯父である北郷一刀の元で修行に励む日々を送っていた。
    ある日、蔵で見つけた刀を手にした瞬間、剣丞は意識を失い────
    気がつくと、光輝く刀を握りしめ、見たことのない風景の中に居た。

    そこで出会った一人の少女。
    自らを『織田 三郎 久遠 信長』と名乗った少女は、呆然とする剣丞に手を差し伸べる。

    『我の夫となれ。そして共に天下への道を歩もうぞ!』


    信長と名乗った少女・久遠とともに戦国時代を過ごす剣丞は、
    やがて日の本に渦巻く異形の者の存在に気づく。
    人を喰らい、生き血を啜る異形の者・鬼は、呟く。

    『失われた当世の器、異史よりきたれり』
    『今こそ合一の刻────』

    権諜術数渦巻く人の世と、人を喰らう鬼との壮絶な戦いのなか、
    少年と少女は傷付きながらも立ち上がり、各地の有力大名に檄を飛ばした―――。

    『この日の本を救うため、我が下に集え! もののふたちよ!』