[エロアニメ] メガネ女教師やエロいお姉さんに責められ絞られまくる! (らぶフェチ)

[エロアニメ] メガネ女教師やエロいお姉さんに責められ絞られまくる! (らぶフェチ)
[エロアニメ] メガネ女教師やエロいお姉さんに責められ絞られまくる! (らぶフェチ)

エロ画像・エロ動画 オススメ記事

らぶフェチ 総集編

らぶフェチ オススメ作品

  • らぶフェチ らぶ編

    らぶフェチ らぶ編

  • らぶフェチ マゾ編

    らぶフェチ マゾ編

  • らぶフェチ サド編

    らぶフェチ サド編

  • らぶフェチ 三者面談

    らぶフェチ 三者面談

  • らぶフェチ フ●ラチオ編

    らぶフェチ フ●ラチオ編

  • らぶフェチ 足フェチ・足コキ編

    らぶフェチ 足フェチ・足コキ編

  • らぶフェチ 手コキ編

    公志は困惑していた。
    見ず知らずの女に、ペニスをさすりあげられていた。

    涼香と遊びに来た温水プールの中で、その女は唐突に忍び寄るとまるで旧知の恋人達が妖しいプレイをするが如く、さも当然のように公志を刺激しつづける。

    女性にしごいてもらうことなど、公志に取ってはうまれて初めての経験である。それも、公衆の面前で、だ。

    困惑と快楽の入り交じる中、されるがままで射精に至ってしまった。

    それが、公志の性に対する完全な目覚めであった。オナニーの経験やその手の雑誌を見て興奮することこそあったが、まさか触られるとは夢にも思わなかった。

    時間が経つに連れ、例のプールの女の手は忘れがたい物になっていた。

    今まで何気ない光景だったクラスの女子が見せる仕草のひとつひとつ、学園のヒロインが万年筆を大事そうに手にするその指先、幼なじみが髪の毛をかきあげるその指先が、仕草が、公志にとっては今までと同じ日常的なものでは無くなっていた。

    あの指先は、あの手のひらは、男の股間をどう触るのだろうか…。

    そういう考えはよくないと自制し、忘れようと苦心していた矢先、再びプールの女性が公志に接触してくるのだった―。