[壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG]

  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (1)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (2)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (3)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (4)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (5)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (6)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (7)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (8)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (9)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (10)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (11)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (12)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (13)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (14)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (15)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (16)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (17)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (18)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (19)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (20)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (21)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (22)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (23)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (24)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (25)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (26)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (27)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (28)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (29)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (30)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・ 02 [HCG] (31)
  • [壁の向こうの妻の嬌声2] 同じ屋根の下、上司の妻を抱き、妻は他人に抱かれる・・・
    【ストーリー】
    住んでいたアパートが火事になった浩輔ら尾高夫妻。 困っていたところ上司の秀鷹が、しばらくの間家に泊めてくれるという。 気後れしたものの、ホテル代もバカにならないということで、保険が下りて次の家が見つかるまでお世話になることに。 初めは遠慮がちだった妻・千夏もすっかり馴染み、夫婦揃って居心地がよくなる。 性生活も、元々夫婦の関係はあまりないため、困ることはなかった。

    ところがある晩、上司の奥さんである文子のオナニーを見てしまう。

    欲情しつつも人の家でセックスはできないと、少しだけ欲求不満になってしまう浩輔。 そんな中、上司から飲みの席でEDを告白され、妻を抱いてやってくれと頼まれるのだが…。

    これは、他人の妻を抱くところから始まる、スワッピングの物語―