[HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ)

  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (9)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (1)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (2)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (3)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (4)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (5)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (6)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (7)
  • [HCG] 略奪者の淫宴 (あかべぇそふとすりぃ) (8)
  • 略奪者の淫宴

    【ストーリー】

    少年が当たり前だと思っていた毎日は、唐突に壊された。

    村を襲撃した流浪の盗賊団によって、家族は皆殺し。 母と姉に至っては、死の前に盗賊の頭領により慰み者とされた。 そして少年は、ただ1人生き残った。 ―盗賊団の奴隷として。

    血の滲むほどに拳を握りながら、内心で己に問いかける。 『これから、どうする?』 すべてを、奪われた。自ら死を選ぶのか。 それとも―

    大事なものを奪い、蹂躙した者たちを許してはおけなかった。 自分がどうなってもいい。ただ仇を討つことを思った。

    そのためには力が欲しい。 今の自分では幼すぎることを少年は理解していた。 だから、心の中で刃を研ぐ。 いつか来る日に備え、この殺意が錆びついてしまわぬよう。

    どんな手段を使っても、こいつらを―