(HCG) [戯画] バルドハート

  • (HCG) [戯画] バルドハート (1)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (2)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (3)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (4)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (5)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (6)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (7)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (8)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (9)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (10)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (11)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (12)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (13)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (14)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (15)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (16)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (17)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (18)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (19)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (20)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (21)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (22)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (23)
  • (HCG) [戯画] バルドハート (24)
  • [戯画] バルドハート
    【ストーリー】
    ‘元’傭兵のシュミクラム乗りである瀧沢蒼(たきざわそう)は悩んでいた。

    とある事情により戦闘能力と職を失った蒼は、養父を頼り故郷である『海神(わだつみ)』という島に帰ってきたが、傭兵時代の相棒である三納岸ユーリ(みなぎしゆーり)がなぜか島にまでついて来た上に、ついて早々、記憶喪失の少女月読(つくよみ)を助けたことで自宅に居候させる事になってしまう。

    過疎化が進みろくな仕事もない島だったが、謎の人物から仕事の依頼が舞い込む。 その内容は、海神唯一の学園である『甲華学園(こうかがくえん)』に編入し、学園生が島で発生しているテロに関わっていないか調査することだった。

    学園に潜入しようとした蒼の前にシュミクラムで立ちはだかる生徒会長の天ケ瀬茉緒(あまがせまお)。

    その時、蒼の前に自らを妖精と名乗る少女が現れ、戦闘能力を失った蒼のシュミクラムに同化しはじめた―――