【爆乳セレブ妻・お触り車両】満員電車で社長夫人を手マンでイかせて尻コキぶっかけ!

爆乳セレブ妻・お触り車両


爆乳セレブ妻・お触り車両 DL版
Title: 爆乳セレブ妻・お触り車両 DL版
Studio: ルネ
    うだつのあがらないサラリーマンである主人公・山崎 大樹(やまさき たいき:名前変更可能)

    疲れ果てた帰りの‘満員電車‘の中で揺られながら、その車内には似つかわしくない、上品で貞淑そうな【美熟女】と隣り合わせになる。人混みに押される形で彼女の‘尻‘を触り慌てる大樹だったが、その美熟女は嫌がる素振りを‘見せない‘。彼女の‘豊満な身体‘が放つ妖しい魅力に惹かれ、次第に自分の意志で【痴漢】行為を始めてしまう大樹。しかし、彼女は身を硬くしたものの拒むことは‘無く‘、ますます頬を‘火照らせ‘、‘悦んで‘いるように見える。

    行為はエスカレートしていき、‘勃起‘したペニスを‘お尻‘へ擦りつけさらに手で握らせて‘手コキ‘を強要してしまう大樹。美熟女を‘指責め‘で絶頂させつつ、自分も射精し彼女の尻へ‘ぶっかけ‘てしまう。

    行為が終わると我に返り、青ざめる大樹。折良くターミナル駅に着き、‘恍惚‘としている‘美熟女‘は人混みに押し流されるように降りていく。

    ‘周りに‘気づかれることも‘無かった‘が、後で警察沙汰になるのではと……思い悩んでいる大樹。

    だが次の日に行われた接待の‘パーティ会場‘でその【美熟女】とばったり‘遭遇‘。そこで始めて彼女が【セレブな社長夫人】であることを知る。

    当然、すべてばらされて‘クビ‘にされるのではないかと覚悟するが【社長夫人】は恥ずかしそうにうつむいたまま。それでいて、時折、‘期待に潤んだ‘瞳を自分に向けているようだった。

    パーティが終わり、また‘満員電車‘に揺られて帰る大樹の前に、会場から車で帰ったはずの【社長夫人】が、なぜか‘同じ電車‘に乗ってきた。

    そして‘うつむいて‘視線を合わせないまま、大樹に密着し【豊満な爆乳】を押し付けてくる【社長夫人】。彼女が自分に【痴漢】されることを求めているのは明らかだと‘確信‘した大樹は、大胆になって昨日より激しく彼女を‘責めて‘いく……