[HCG] シンソウノイズ 〜受信探偵の事件簿〜

  •  (1)
  •  (2)
  •  (3)
  •  (4)
  •  (5)
  •  (6)
  •  (7)
  •  (8)
  •  (9)
  •  (10)
  •  (11)
  •  (12)
  •  (13)
  •  (14)
  •  (15)
  •  (16)
  •  (17)
  •  (18)
  •  (19)
  •  (20)
  • シンソウノイズ 〜受信探偵の事件簿〜
    【ストーリー】
    大都会近郊のベッドタウンである静乃宮(しずのみや)。 この町の中央にある「静乃宮学園」では、スポーツ系の部員たちは近隣の大公園をランニングに使い、 帰宅部の面々は都会方面に繰り出して年齢相応の遊びを楽しむ、そんな放課後を送っている。

    今年の春「静乃宮学園」に入学した橘一真(たちばな・かずま)は、他人の心象を受信する能力を持っていた。 生まれながらの能力ではあるが、完全に制御できるものではなく、 否応なしになだれこんでくる人々の意志に振り回されることもしばしば。 それでも日々制御する訓練を重ねつつ、なんとか人並みの学園生活を送っている。

    「静乃宮学園」では、1年を通じて様々な行事を共にこなしていくグループ「行動班」を組む教育方針をとっている。 「気持ちのいいメンバーと楽しい1年を過ごしたい」という生徒たちの思いをよそに、メンバーは無慈悲にもくじ引きで決まる。

    人付き合いの苦手な一真の元に集まったのは個性の塊の様なメンバーだった。

    8人はまとまることもなく、ただ同じ「行動班」であるという事で最小限の付き合いをしつつも行動を共にする。 そんな中、女子更衣室からの盗難事件が発生する。 これは、後に「受信探偵」と称される様になる、橘一真のはじまりの事件であった…。